YouTube   Viscon Japan  チャンネル

資料10 業界初 V サポートサービス 日本・海外のお客様に大好評!

各種資料
粘度コントローラーの原理に精通し、長年に渡る製造・修理経験を有する愛称''粘コン博士''のViscon Japan㈱開発部長板垣がViscon粘度コントローラーの数々の特長を説明。また、従来の粘コンの故障原因も、例を示して解り易く説明して好評の Viscon Japan㈱ Vサポートサービス。

自社で粘度コントローラーを修理しても、巧く修理できない。”
粘度コントローラーが故障して修理に出すと、修理が完了するまで時間が掛かりすぎる ”
自社で粘度コントローラーを簡単に修理ができるようになれば助かるのになぁ ”

これらのコメントは、日本国内、海外の多くのお客様から聞かれたコメントです。

日本や海外の粘度コントローラーを使用されているお客様で、
自社で工務部、メンテナンス作業をする部署やグループ会社を
お持ちのお客様は多くいらっしゃいます。

修理方法について、その粘コンメーカーに聞いても、
詳しい情報はあまり得られなかった。
そのメーカーに修理の為に送って下さい。 との対応が殆ど。

使用しているお客様からすれば、
 修理でメーカーに送って、修理が終わり自社の手元に
 帰ってくるまで10日から2週間。
 メーカーによっては、1か月半であることも。

 お客様にとって困っている事は、
  ① 修理でメーカーに送っている間に、替わりの粘コン
    または、最低でも循環ポンプが必要。
  ② 循環ポンプを使用する場合は、オペレータが手管理で
    溶剤を補給しなければならない。
  ③ その都度、メーカーに支払う修理代も高額な費用
  ⓸ 自社に工務部、エンジニア、またはメンテナンスを
    するグループ会社があり、機械的知識・見識・技術も
    十分お持ちのエンジニアの方々にとっては、
    粘度コントローラーは’’アンタッチャブル’’な機械になっており、
    自社でのメンテナス上、問題になっていた。
 
  (参考) 
  👉 👉  日本のお客様の声を集めた展示会報告書 (Convertech Japan 2017)

Viscon Japan ㈱が創業する時に、ユーザー様が困っている事を整理分析し、
お客様の悩み・不満・不便を解決の為に創り出した多くのViscon解決策の1つが、
業界初の V サポートサービス。

既に、フィリピン、タイ、インドネシア、スリランカ、台湾、中国、日本のお客様から
大変好評を博して、感謝もされているViscon Japan㈱の独自開発サービスです。 

  👉 👉 資料10 業界初 Viscon Japan㈱ V サポートサービス 

  
ブログの紙面に限りがありますので、フィリピンと日本で行われた
2つ例を紹介。

【フィリピン】 S 社
私が前職勤務時代に前職の会社の粘度コントローラーを合計30台位納入。
確か記憶によれば、2008年から2010年位に納めたような記憶が。
2015年に私がViscon Japan㈱創業後、
  2016年6月に Viscon Japan㈱特許搭載粘度コントローラーを10台購入。
  2016年10月に、S社の社長から相談が私に直接電話で来る    
   ’’以前に購入した30台の粘度コントローラー(前職時代)の調子が悪い。
    自社のエンジニア2人に修理調整をさせているけど、巧くいかない。
    どうしたらいいいだろうか?’’

   ’’私は前職時代にこの会社に販売した30台の粘度コントローラーの、
   具体的な現在の症状等を全て聞き出し、解決法を導き出した。
   解決法は Viscon Japan㈱の V サポートサービスを受ける事。

   理由は、ポンプの分解、部品交換、適正な組み立て方指導、
       注油ポンプの修理(非常に技術が要るし、必要知識の教育も必要)
       ポンプ排気エアーの近接スイッチ部の調整(これの調整が悪かった
       場合に表示数字の精度に影響。部品が劣化している場合は修理も
       必要)。電磁弁のチェック 及び部品交換。
       他にホースや継手類の状態を見て必要であれば交換。

   これだけの事をしないと、精度も良い粘度コントローラーには戻らない。
   上記に個別で列記したことを全てそれぞれチェック、修理、調整を行い
   全体的な調整も必要になる。

 フィリピンのS社の社長には、上記を説明して、
 ’’ 上海のVisconの工場で、Vサポートサービスを実施して、
  私が前職時代に納入した粘コン30台の修理方法を説明、トレーニング。
  そして、Viscon粘度コントローラーも2016年のその年に10台購入して
  いただいているので、 Viscon粘度コントローラーのメンテナンス方法も
  説明トレーニングします。
  但し、実行するカリキュラムから考えると、ネット2日間は必要。

  だから、フィリピンから上海へ移動日  1日
      V サポートサービス      2日
      上海からフィリピンに移動   1日 の計 4日の予定を
  組んでください。”

  フィリピンS社の社長の返事は、
  ’’ OK, No Problems.  エンジニア2人と社長の私の計3人で12月に
   行くから、宜しく。’’ と 即座に快諾。

 12月のVサポートサービスも充実したカリキュラムで終了。
 弊社の ’’ 粘コン博士 ’’ による 説明、修理実演、調整方法、組立方法、
 粘コンの精度チェック確認方法等、数多くのカリキュラムを十分に身に付けた
 フィリピンのエンジニア2人。 フィリピンに帰国して、30台の修理を無事実行
 出来る事を祈るばかりでした。

 翌2017年の夏、私がフィリピンに出張時、S社に訪問。
 訪問を歓迎され、S社社長から即座に 前年12月のVサポートサービスの実施に
 謝意。 
  そして、私に S社の2つの工場にある
    私が前職時代に納めた粘コン         30台
    2016年に納めたViscon粘度コントローラー   10台
  今から車を用意するから見て欲しい。
 私は快諾して2つの工場へ。

 工場の中に入った途端、私はビックリ!!
 私が予想すらしていない事が起こっていた!!
 
 下の写真に,その答えが。


なんと、 Viscon特許技術の強力バブル洗浄方法のTURBO WASH が
搭載されているViscon粘度コントローラー(スタンドに載っている)が、
他社(私の前職時に私が販売)粘度コントローラー(スタンド無し)と交互に
印刷機に配置されていた。

例えば、 グラビア印刷機8色機の場合、ユニット1から順に粘コンを、

Line 1 : Viscon+他社 +Viscon +他社 +Viscon +他社 +Viscon+他社
     
Line 2 :  他社+Viscon+他社+他社+Viscon+他社+他社+Viscon

上の写真2枚からも解るように、このように配置すれば、Viscon特許技術の
強力エアバブル洗浄 TURBO WASHを、それらの特許技術がない既に購入した
古い粘コンにも使用できる。

2つの工場視察も終わり、故障していた30台の古い粘コンも、Vサポートの
技術研修の成果もあり、この会社の2人のエンジニアの真面目な修理を
是非褒めておいて下さいと社長に頼んだとともに、私から一言 S社の社長に。

’’ 凄い事をしていますね。 Viscon特許技術のTURBO WASH機能を、
あのように配置する事によって、従来の粘コンにもTURBO WASHの
強力な洗浄能力を生かすことが出来て、結果として、従来の粘コンの
故障防いでいる。非常に賢明なやり方ですね’’ と私がS社の社長に言うと、

S社の社長は、
’’ 兎に角、Viscon粘度コントローラーのTURBO WASHのバブル洗浄は
凄い。Mr. Matsuokaが説明するように、洗浄不足は粘度コントローラーの
故障の50%占めるのは、長年の経験で解っている。
だから、洗浄能力の非常に高いTURBO WASHを、他社の洗浄能力の無い
粘度コントローラーに使うのは、当たり前だよ。’’

その通りだ。Viscon特許技術のTURBO WASHの高い洗浄能力を知っている
私が、むしろ気が付いてお客様にご提案する事だと、少し反省。

TURBO WASH (強力バブル洗浄) 日本語 2m32s
軟包装・フレキシブルパッケージング業界のグラビア印刷、フレキソ印刷、そしてドライラミネートで広く使われている粘度コントローラー。グラビアインキ、フレキソインキ、接着剤等の使用により、洗浄が大変、故障が多い、精度が不安定と、このような悩みにグラビア印刷やフレキソ印刷、ドライラミネートで、粘度コントローラーを使用して...

その年の年末に、このフィリピンのS社の社長から私に電話が。

’’Mr. Matsuoka、 本当に有難う。毎年、年末に来年用のスペアーパーツを
発注するのだが、 Viscon粘度コントローラーの強力バブル洗浄
TURBO WASHのお陰で、使用している循環ポンプの故障も減り、
循環ポンプ用のスペアーパーツの発注量も半分くらいに減った。’’

なんと、Viscon特許技術のTURBO WASH を、洗浄機能が無い
他社粘コンだけでなく、循環ポンプの洗浄にまで使っていたのだ。
恐るべし!!

お蔭で、今まで弊社内で行った3種類の洗浄方法の洗浄能力試験も行い、
粘度コントローラーメーカーとして、客観的データも保有していたが、
お客様による、プラクティカルな実証実験が出来て、こちらこそ
実証実験をしていただいて、結果報告も頂き、S社の社長に有難うです。

👉👉 粘度コントローラー3種類の洗浄方法 試験結果

その翌年に新規グラビア印刷機の増設に伴い、Viscon粘度コントローラーを
新たに10台購入していただいた。

これらは、データ通信機能付き粘度コントローラー iCom  を購入され、
データの集中管理、一覧化、QC管理のトレーサビィティ用のデータ管理が
出来る粘度コントローラー。
下の写真。 (これには流石に、間に他社粘コンを使用していない。当たり前だが。)



データ通信機能付き粘度コントローラー iCom の電気室背面から
データ通信のためのケーブルが出て、
全データ通信機能付き粘度コントローラー iComと繋がっています。
 
 関連記事
 👉👉 データ通信機能付き粘度コントローラー iCom カタログ(日本語版)1 

 👉👉 データ通信機能付き粘度コントローラー iCom カタログ(日本語版)2 

 

 

【日本】  T社
既に日本で4社に実施したViscon Japan㈱の
業界初のサポートサービス Vサポート

日本で知らない人は居ないと言われる大手企業T社。
多数のViscon粘度コントローラーを納入して4年。
弊社Viscon Japan㈱の Vサポートサービスを知り、
事前の打ち合わせも3か月前から行い、2020年1月下旬にT社工場で実施。

当日開催されたVサポートには、同じグループ内のメンテナンスを担当する
会社からも担当者が参加。


              


参加された皆さんも、今までこれだけの詳しい説明や、
粘度コントローラーの原理、精度、について基礎情報。
そして、従来の粘度コントローラーは、
何故、精度が悪くなりやすいのか?  その原因は?
何故、故障が頻繁に起こりやすいかのか?  その原因は?

粘度コントローラーの原理に精通し、長年に渡る製造修理経験
をもつ愛称 ” 粘コン博士 ”とお客様から呼ばれている
Viscon Japan㈱開発部長 板垣が、時間をかけて丁寧に
説明。 また、 実際の粘度コントローラーのポンプや
部品も機械から取り外し、現物を通して説明を行なった。

メンテナンスを担当されているグループの会社の人も、
Vサポート開始時には、今まで従来の粘度コントローラーの
修理に相当悩まされた経験から、従来の粘度コントローラーとは
全く違うViscon粘度コントローラーにも、今までの数多くの経験から
否定的な見方をされていました。

今までの経験から、数多くの改良点を生み出して出来た
Viscon粘度コントローラー。

同じ苦労も嫌と言うほど経験してきた ’’ 粘コン博士 ’’Viscon Japan㈱
開発部長板垣と,全く同じ経験を味わってきたこのメンテナンスを
担当してきた人が、板垣の説明が解らない訳がありません。

Viscon Japanの2つの特許技術と、業界初となるViscon Japan㈱
独自開発デザインには、他の誰よりも理解と納得を示されました。

流石、現場で実際に苦労された経験がある人には、
Viscon Japan㈱が開発した2つの特許技術と 業界初の
ユーザーフレンドリー構造デザインの 意味 も 価値 も
直ぐに理解されました。

 ① 強力バブル洗浄方法 TURBO WASH     (特許第6421093号)
    

  ②   エア抜き作業不要 スマート注油システム (特許第6363571号)
    

  ③   ユーザーフレンドリー構造デザイン    (業界初)

VISCON JAPAN ユーザーフレンドリー構造 日本語 1m48s

従来の粘度コントローラーの問題点(修理困難な構造)を一挙に解決したViscon Japan株式会社(ビスコン ジャパン㈱)が業界に先駆けて開発したユーザーフレンドリー構造。インキ汚れ防止構造、電気室のイージーオープン、ダイアフラムポンプ簡単脱着。粘度コントローラーの原理に精通したViscon Japan㈱開発陣の…

 

V サポートサービスを実施した後、T社のご担当者から、
Viscon Japan㈱が独自に新しいサービスを推し進めている
企業姿勢に対して、過分のお褒めもいただきました。

我々Viscon Japan㈱としましては、Viscon Japan㈱が努力して
掘り下げてきたことが、お客様のお役に立てて幸いです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました