YouTube   Viscon Japan  チャンネル

Viscon Japan ㈱ 松岡社長、パキスタンのテレビニュースで紹介される。

ニュース
初めて訪れた国パキスタンで国営放送局のテレビニュースのインタビューを受けたViscon Japan㈱松岡社長。 ここでも改めて日本の先輩諸氏が長年の間に築き上げた海外での日本人への信用・信頼を実感。 私も次の世代に繋げるようにと改めて決意。
Viscon Japan ㈱ 松岡社長、パキスタンのテレビニュースで紹介される。
パキスタン国営テレビ局のインタビューをパキスタンの展示会で受けました。

パキスタンで開催中の展示会 Plas Print Pack 2018
で 台湾の有力グラビア印刷機・ドライラミメーカー
Worldly Industrial Co.,Ltd.様のブースで出展していた
Viscon Japan ㈱ の松岡社長が展示期間中にパキスタン国営テレビ局
からインタビューを受けました。

 👉👉 パキスタンの展示会の関連記事のページ

そのニュースが展示会開催中にパキスタンのテレビのニュースで放映されました。
(生憎、その日のインタビューされたニュースは、お客様と食事の為
 見る事が出来ませんでした。
 ただ、現地語の放送ですから、映像だけで言葉は全然解りませんが。)

パキスタンのこの展示会には、日本からの出展社は無し。
また日本からの来場者も見受けられなかった。
インタビューの申し出があった時に、

’’ 何故、私にインタビューを ? ’’ 

とパキスタンの国営放送局の人に英語で尋ねると、
パキスタンの国営放送局の人は、

’’この展示会の参加者で、日本人はあなただけです。
先進国日本の日本人のあなたが、展示会で出展しているという事を
是非、テレビニュースでパキスタン国民に知らせたいからです。’’

という英語の答えが返ってきた。
(やはり、そうだったかぁ。”故障しない粘度コントローラー”の
 Viscon Japan粘度コントローラーに、まさかテレビ局が興味を持ったとは
 私も思っていなかったから納得の私。)

パキスタンの最大都市カラチで開催されている展示会。
この最大都市カラチの街の中を走る自動車は、ここもバングラデシュ同様、
日本車ばかり。

スズキ、トヨタ、ホンダ、日産 全てパキスタンに工場もあるとの事。
日本とは環境も習慣も違う海外の工場での、質の高い日本品質による車の生産は
苦労も相当多いと思います。
優れた日本品質の製品を外国のここパキスタンで製造して、
日本と日本人への信用・信頼を更に高めてくださって、
自動車メーカーの皆様、本当に有難うございます。

初めて訪問した国パキスタンで、ただ日本人であるというだけで、
私がパキスタン国営放送局のテレビニュースのインタビューを
受けることに。

私のチカラは何もこの件に貢献していません。
(展示会は台湾のWorldly Industrial さんのブースの一角に
展示しているだけで、Viscon Japan㈱という社名も
表記されていないのに、
私が日本人だと、よく解ったものだなぁ。
日本人が誰もこの展示会場には居ないから、
日本語も喋っていない私だし。私が喋っていた言葉は
英語と中国語のみ。テレビ局のインタビューも英語だったから、
私を日本人だと、何をもって判断したのだろうか?  笑 )

1か月ちょっと前に開催されたバングラデシュの展示会に参加した
ブログ記事にも書いた事と同じ事が、ここパキスタンでも。

またもや、日本人の先輩諸氏が長い間を掛けて築き上げた
”日本人への信用・信頼”のお陰だけで、
私は初めて訪問した国パキスタンの展示会で、
パキスタンの国営放送局からテレビのインタビューを受けているのだ、
と改めて認識した次第。

 👉 👉  日本の先輩諸氏が長年かけて海外で築き上げた日本人への信用・信頼の話

しかし、この展示会に出展しているのは台湾のWorldly Industrial さんでも
ある訳だから、一旦、私はインタビューを固辞したのだが。

台湾のWorldly Industrial さんが、逆に強く私にパキスタンの国営放送局の
テレビニュースのインタビューを受けてくださいと頼まれたので受けることに。

Worldlyさんもそう言う事だし、Worldlyさんにとっても私がパキスタンの
国営放送局のテレビニュースのインタビューを受けた方が宣伝にもなるし。
良い事づくめなので、私もインタビューを快諾。


上の写真
インタビューを受ける前の準備風景。
一番左の女性 :台湾 Worldly Industrial さんの長男のお嫁さん
左から2番目の女性 :パキスタン国営放送局のインタビューアー
左から3番目  :Viscon Japan ㈱ 松岡社長


上の写真
パキスタン国営放送 テレビニュースのインタビューの本番中。
カメラマンはじめ、周りに私のインタビューを見守る人達。



展示会の商談を一時中断して行われた、パキスタン国営放送局のテレビニュースの
インタビューでした。(テレビ局のインタビュー撮影中、商談中だったお客様は
撮影を見守っていただきました。有難うございました。)

私は今回のパキスタンの国営放送局のテレビニュースで、
私の人生4回目のテレビ出演。

1回目  25歳の時   NHK 福岡のテレビ番組
2回目  30歳の時   NHK 全国版番組 
             横浜で開催された国際会議
3回目  44歳の時   NHK 名古屋の東海地方の経済特集番組

そして、61歳の今回のパキスタン国営放送局のテレビニュースで4回目。

こうやって並べてみると、テレビ取材を受ける時間的周期性は
あまり見られないが、 一つ言えることは全て国営放送局。

さて、5回目は? どこ? (笑)

           

コメント

タイトルとURLをコピーしました